小学生の子供の身長が伸びない原因

小学生の子供が身長が伸びない原因|知らないと後悔するかも?

子供の身長が伸びない原因を知らないと、
将来、子供に親が恨まれるかもしれません!

 

小学生子供身長伸びない原因

 

とは、ちょっと大げさかもしれませんが
知っていると知らないとでは、子供の将来にかかわりますからね〜((+_+))

 

 

小学生の子供をお持ちのおとうさん、お母さんへ!

 

 

 

子供の身長が伸びない原因について
ちょっとまとめてみました。

 

 

ご参考になれば幸いです(^^)

 

 

■子供の身長が伸びない原因とは?

 

 

@子供の睡眠不足

 

A子供が小食で、食事の栄養が足りない

 

B適度な運動をしていない

 

C遺伝

 

 

小学生の子供の身長が伸びない原因は
大きく分けると、上記の4つにあてはまるそうです。

 

 

気になるのは、Cの親の遺伝!

 

 

これはどうする事も出来ません。

 

 

 

でも、子供の身長が伸びない原因を100とすると、
遺伝での原因は約30%だそうです。

 

 

 

なので、残りの70%、

 

@睡眠 A栄養 B適度な運動

 

という範囲で、生活環境や身長促進を補うことが大事です!

 

 

 

なので、例えばあなたの子供が
小学4年生、5年生、6年生とかで、
なかなか平均身長に達しない場合、

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

1、食生活の見直し

 

2、睡眠時間の確保

 

3、適度な運動・骨への刺激

 

 

こちらを主に改善すれば、
子供の身長が伸びない原因の
70%を効果的に活かせるという事になります。

 

 

 

■子供の身長が伸びない原因・低出生児性低身長とは?

 

子供の身長が伸びない大きな原因の一つに、

 

・低出生児性低身長

 

という原因があります。

 

 

 

これは、出産時に未熟児だった子供や
標準より小さく生まれた子供の事です。

 

 

あなたの子供は、

 

・出産時の身長

 

・出産時の体重

 

この2つの値はどれくらいでしたか?

 

 

 

子供の身長が伸びない原因、
または、身長が伸びにくい原因のひとつが
この、

 

・低出生児性低身長

 

と言われています。

 

 

 

低出生児性低身長とは、

 

 

1.出産時の体重が、3,000グラム以下

 

2、出産時の身長が47センチ以下

 

 

この2つに当てはまる場合、
低出生児性低身長と言われています。

 

 

あなたのお子様が生まれた時の

 

身長と体重

 

 

気になるなら、あなたの母子手帳を
今すぐ確認してみて下さい。

 

 

 

 

■でもうちの子は未熟児だったけど大きくなったよ?

 

 

未熟児でも、小学生になると、
男子の平均身長を上回るお子様も多くいるようです。

 

 

これは、子供が未熟児だったからという理由から、

 

『もっと、早く大きくなって!』

 

という親の思い、愛から、
沢山の栄養・食事を摂取させたりすると、
小学生の頃には、標準体重・平均身長を上回るケースも
多いようです。

 

 

でも、その反面、
少し肥満気味の子供になる心配もあるようです。

 

 

 

■子供の身長が伸びない原因を解消する方法

 

 

特に、小学4年生、5年生

 

そして、もうすぐ中学生になる6年生の時に
まだ子供が平均身長に達してしない低身長の場合、

 

 

子供の身長が伸びない原因は、

 

@栄養不足

 

A睡眠不足

 

B運動不足

 

 

この三つに原因があることが多いようです。

 

 

その反面、過度な運動も身長が伸びない原因だったりする事もあるとか?

 

 

 

例えは、

 

 

・サッカーやスポーツのナイター練習

 

・しごきや厳しい指導

 

・試合に負けた後の罰としての罰走

 

 

子供はサッカーやスポーツの練習、
公式試合などげ、スポーツをする大人と同じか
それ以上のカロリーを消費します。

 

 

そこへ、さらに追い打ちをかけるような
長時間の練習や、罰走、

 

『お前ら負けたから、後でグランド10周だ!』

 

このような指導は、子供の身長を伸ばすのを
大きく妨げる原因になっているというご意見もあります。

 

 

 

■あなたの子供は大丈夫?

 

 

 

子供が身長が伸びない原因に、

 

・栄養不足(栄養バランスが悪い)

 

・睡眠不足

 

この2つが大きく関係しますが、
もしかして、あなたのご家庭でも
下記のような悪循環はありませんか?

 

 

 

激しいスポーツの練習やナイター練習を終え、
クタクタになって夜遅くに帰宅、、。

 

※又は、夜の塾へ行く前に菓子パンやおやつを食べて
夕食時にはあまりご飯を食べない。

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

ご飯を食べる食欲もなく、
小食になって、フルーツやジュースで
満腹感をまかなう。

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

床につく時間帯が遅くなって
睡眠不足になる!

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

1日の中で一番身長が伸びる時間帯に、
肝心な身長を伸ばす栄養素が体内に不足している!

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

よけいにライバルよりも身長が伸びない!

 

ライバルとさらに身長の差がついてしまう!

 

 

 ↓ ↓ ↓

 

 

試合中にも、フィジカルで劣ってしまい、
身長が大きな相手に対して、
力負け・走り負けしてしまう。

 

 

という悪循環があるなら、
早く改善しないと、子供は低身長のまま
中学生になってしまいます。

 

(*´Д`)

 

 

 

『大丈夫!中学生になったら身長伸びますから!』

 

 

という、他人やサッカークラブのコーチの助言は、
あまり本気でとらえない方がいいと思いますよ。(汗)

 

 

 

中学生になってから伸びる子は、

 

・早生まれの1月・2月・3月の子供!

 

 

この時期の子供は、4月生まれの子供より
1年くらい身長が伸びる時期は遅くなるので期待は出来るかもね?

 

 

でも、身長が高い子供は、
既に小学6年生の頃には平均身長を上回っているケースが多いようです。

 

 

なので、中学へ入る前に、
小学5年生、6年生の頃までに、少なくとも、

 

『その時期の男子の平均身長まで伸びてほしい。』

 

という・期待感、機感があった方がよろしいかと思います。

 

 

 

我が家もそれで、
かなり出遅れてしまいましたからね!
 ((+_+)) (泣)

 

 

 

 

>>身長を伸ばすゴールデンタイムとは?の記事へ

 

 

>>我が家はこれで身長が11センチ伸びました!